昭和の記録  (戦塵日記・昭和15年)

アクセスカウンタ

zoom RSS 昭和15年7月4日

<<   作成日時 : 2012/05/02 15:02  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

四日(木) 曇り 雨あり 涼し

 今日は初年兵の上等兵候補(一等兵候ホ)及精勤賞授与者の*
 衡をやる。兵には土工作業をやらせておいて、下士官以上将校室へ集合、
 各班長、分、特業の班長、等自分の班の者を一人でも余計に進級させた
 がって異論百出、なか〱まとまりさうにみえなかったが最後に何とか
 結末がつく。中隊長も自分の決心が鈍く、古江准尉の言ふ事は何でも
 文句なしに決定し、中隊長の威を損ねてゐる。一等兵に進級
 する者、二十二名精勤賞授与者十五名自動車手はあまり成績
 芳しくない。
 午后は同じく土工作業をやらせる。将校は将校室にてフラフラ
 してゐる。中隊長が来て、眠りを覚ます。明日の総演習には
 午前土工作業、午后は崎山少尉と中隊長で観通の演習
 僕と片岡准尉で分隊戦斗、僕に片岡准尉の教育を統
 裁せいと言ふて怪しげな指導計画を持って来る。僕に准
 尉の統裁をせよと言った所でそれ所ではない。此方で指導して貰い
 たい位の所だ。只ハイハイと言って受けて置く。明日は二ケ分隊
 引張って行って山の陰へ行って一休みして来ればいゝだらふ。
 今夜から電燈は点く。援琿、神武屯間の列車は未だ普通らし。
 新聞も手紙も来ない。日夕点呼の際中隊長勅諭奉読を突然やって
 いささか慌てる。
 夜は十一時頃寝る。今晩巡察は明朝の四時より

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
昭和15年7月4日 昭和の記録  (戦塵日記・昭和15年)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる