昭和の記録  (戦塵日記・昭和15年)

アクセスカウンタ

zoom RSS 昭和15年5月1日

<<   作成日時 : 2007/11/07 22:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

五月

一日 (水)風雨 寒し

五月に入る。内地ではもう新緑の頃だらう。北満ではまだ黄色の枯れ草だ。やっとその
間から迎春花、ツツジ等がツボミをもって来た位。此の二、三日、毎日雨ばかり。嫌な
天気だ。雨の中を徒歩で出勤する。整理日だが雨の為やめて、午前は分業。自動車
は車廠内で学科、工術等をやる。シボレーの気化器を分解結合をさせる。
又牽引車が来る。杉山伍長が駅へ取りに行く。又二輌貰ふ。乙許り此れで全部で八輌
になった。午后は将校講話がある。土師大尉のトーチカに就いて。其の後関中佐よりノモ
ンハンの近況としてバルシャガル高地、川又付近に敵は鉄道を敷設したとの話。全く以ての外
だ。故梅田中佐の霊も浮かばれまい。六時過ぎに歸る。井沢中尉がハルビンかr歸る。
レコードの交換を頼んでおいたのを持って来て呉れた。未完成の代りにモツアルトのト短調交
響楽、なかなかステキだ。林大尉の分として買って来た。序曲集(椿姫、ゼヴィラの
理髪師、アルゼリアの伊太利人)モツアルトの交響楽ヘ長調等も試聴する。
川代少尉は父さんが亡くなって明朝内地へ帰るんださうだ。1ヶ月も休暇も貰ったとか。
今日母より手紙が来たが、僕の手紙はまだみてないらしい。特別志願の事について何も
書いてない。十一時頃寝る。



来簡 母より

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
昭和15年5月1日 昭和の記録  (戦塵日記・昭和15年)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる