昭和の記録  (戦塵日記・昭和15年)

アクセスカウンタ

zoom RSS 昭和15年4月21日

<<   作成日時 : 2007/06/14 17:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

二十一日 (日) 晴れ暖し

今日は内務検査の第二日、午前は第二大隊の兵舎を巡視、午后酒保炊事、
各隊砲車廠の巡視。中隊では午前は土工作業をやる。砲車廠前の道
路の排水溝に石の橋を渡すやうに命ぜられて、材料廠の先の方の涯から石を取
って来る。輜重車を持って行った所が石が重すぎて、途中で輜重車がこは
れてしまった。午前中で大体橋が出来上る。午后は砲車廠の巡視がある。中隊
長は今日もオタオタして、隊長が来る許りになってから下士官を砲廠に集
めて、大砲に対する速成教育をやってゐる。今やったって何にならぬのに、全く嫌な
性質だ。三時頃聯隊長が巡って来る。車廠はきれいで悪い所はなかったが、牽引
車に未だ防滑鋲をつけておいて叱られた。簡単に終了。今日は夕方、官舎の巡視
があるので三時半頃官舎に行く。四時過ぎ、官舎へ巡って来られる。僕の部屋も見
られた。中隊から借りてある下士官用手箱を慌てゝ片づけた。夕食を食べて、
六時頃迄休憩して夜間演習の為、又出勤する。食堂で他の将校に冷かされる。
三中隊は内務検査の日迄夜間演習をやるのかと。事実、兵も疲れてゐるだらふ。
七時から自動車手は貨車五輌で黒河へ向って夜間操縦。なかなか暗くなら
ないので夜間操縦にならぬ。八時半頃やっと暗くなる。今日は満月らしく、無燈
火行進でも初年兵に結○走れる。黒河で兵士ホームで一休みして歸る。歸
隊十一時過ぎ。井沢少尉も週番だったが一緒に行く。官舎へ十二時過ぎに歸る。
小滝橋の支部から慰問袋が来てゐた。大したものは入ってないが、よく忘れずに
慰問して呉れる。手紙が入ってゐないのが玉にキズ。慰問袋に手紙がない位まのぬけた
事はない。

来簡 慰問袋 小滝橋支部

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
昭和15年4月21日 昭和の記録  (戦塵日記・昭和15年)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる