昭和の記録  (戦塵日記・昭和15年)

アクセスカウンタ

zoom RSS 昭和15年3月27日

<<   作成日時 : 2006/12/14 09:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

二十七日 (水) 晴れ

七時朝食。貨車で池田部隊へ。宿屋から池田部隊迄遠いので貨車で
行く。かしゃの始動は、炭火加熱保温を、夜間間歇始動と普通始動の三
を各車輌に実施する。寒気は零下十五度位なので皆ぢきに始動
する。一中隊のニッサンは始動困難で、他の車輌で牽引して始動する。
今日から旅団長閣下の参加、閣下は池田部隊を検閲し、今日孫呉から参加し
て明日の夕刻、又孫呉で帰られる筈。副官として川代少尉が来る。
九時に出発。奇克特(チカトー)へ向ふ。今日は一、三中隊の車輌の指導。一中
隊のニッサンに乗る。午前は長田少尉の運転、下手な操縦だ。車が一寸も
真直に走らない。蛇行してゐる。十粁程先から道は悪く、雪が可なりつも
ってゐる。皆、雪の為に●把をとられて、危なくて仕方ない。長田少尉は三回
も雪の中へツッこんでしまふ。遜河と言ふ小部落で昼食。二、三百戸の小さい部落
だ。土人も質朴らしい。桃源郷と言ふやうな気分の村だ。昼食后出発。奇克特
へは五時頃着く。此処は國境の部落で黒龍江をはさんでロスケと相対してゐる。
此の辺の江は黒河附近より巾が廣く七、八百米位あるやうに思はれる。此方
の方には敵情監視の望楼がいくつも見える。対岸のソ領は大した部落もない
らしく、監視哨が左の方面に一ヶきり見えぬ。此方では今、ソ聯を刺激させぬ
為、我々に望楼へ上る事を許可して呉れない。チカトーの街は遜河より少し
大きい位の町で電燈はない。宿は龍屋旅館と日満クラブ。道路上に車輌
を置き、将校が交替で起きて、間歇始動する。僕等は日満クラブへ泊る。此処
は随分ヘンピな所だが食事なんかは孫呉の興安ホテルよりはうまいものを
喰はせる。

●=車に専

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
昭和15年3月27日 昭和の記録  (戦塵日記・昭和15年)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる