昭和の記録  (戦塵日記・昭和15年)

アクセスカウンタ

zoom RSS 昭和15年3月26日

<<   作成日時 : 2006/12/14 09:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

二十六日 (火)曇り 風強し 寒し

六時起床。徒歩で隊へ行く。とても風が強くて戦帽に普通の外套ではとても
寒くて辛い。今日から将校の操縦演習。八時に準備完了と言ふのになかなか集合せず
相変らず六中隊は集合が遅い。八時半出発の筈を九時近く出発する。車輌は乗用車
二、貨車六、修理車一、教官は石井中尉で補助官が僕と安藤准尉、此の三名は指導
の為、各貨車に分乗。僕は四、五中隊の貨車を担任する。出発早々三中隊の貨車
は故障、十分位おくれる。神武屯の駅の踏切では先頭の大河原少尉が操
縦で線路の真中で機関停止をやる。其の先では、崎山が危く路外へ落ちさう
になる。三尺位の路側の堆土へ乗りあげてしまふ。橋梁工事の所では上島見習
士官は車輪を埋没してしまひ、他の車輌に引張って貰ふ。全く皆あやしげな
腕前で助教も心配だ。璦●の先の郵便所で昼食。午后は璦●の先一〇粁位
の所で四中隊の車両故障。僕の乗ってゐた車だ。誘導の線輪が接触遮断
器の不良。一時的として、線輪を取りかえて直る。孫呉着は四時半頃。池田部隊
(野砲一)の営庭を借りて車廠にする。下士官以下は野砲一の給養。将校
は興安ホテル。ホテルとは名許りの汚い宿屋。僕は石井中尉と安藤
准尉を三人で一ツ部屋を当てられたが寝る時には、大勢居る広間の方へ寝
た。十一時頃就寝。

●=王に軍

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
昭和15年3月26日 昭和の記録  (戦塵日記・昭和15年)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる