昭和の記録  (戦塵日記・昭和15年)

アクセスカウンタ

zoom RSS 昭和14年12月7日

<<   作成日時 : 2005/12/07 22:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

七日 (木)曇り

今朝、中隊長が片岡准尉が今日黒河へ行くが買物があったら頼み給へと言ふ。今日は
休務で官舎も今日から入れるのでその色々の準備の為に将校は皆黒河へ買物
に行きたい所を、俺達を差おいて片岡准尉を黒河へ外出を許すとは順序が
違ふ。甚だ以て面白くない。中隊長のやり方が面白くないので下山少尉と二人で憤
慨する。十時頃官舎をみに行ったがまだ今日からペチカを焚き始めたので
掃除もろくにしてないし、僕の部屋は鍵がかゝってゐて開かぬ。食事も当分
官舎で食へそうもないのでまだ引越さぬ事にする。川代少尉にあって話をす
る。ずーっと旅団司令部で事務をやってゐて、今旅団長の官舎にゐてなか
なかいい暮しをしてゐるらしい。羨しい。今度の編制改制の事も知ってゐるらしい
が僕は此の中隊にゐる事は同じで異動しないらしい。僕としては異動して他の
中隊へ入りたいんだが。十一時頃崎山少尉と黒河へ出かける。片岡准尉
が自動車を使って黒河へ行くので面白くない、此方は勝手に汽車で外出し
てやる。中隊長にも無断で。十二時三十分頃発の汽車で黒河着十三時頃、
賃金は二等で五十一銭。黒河とて大した町ではない。駅から町の中心まで大変
ある。ハイラルの町より一寸いゝ位だ。黒龍江をはさんでブフゴエ市が眼の前に
あるが、あれがロスケの町、敵の町だとは思えない。黒龍江は殆ど凍
結してゐる。此れでは夜にまぎれて越境なぞ簡単に出来さうだ。ロスケの
兵営らしいのが赤レンガ造りの大きな建物がみえる。監視哨もみえない
おだやかな国境線だ。町を少しぶらついて喫茶店で食事をして、買物をし
てゐると片岡准尉の自動車に会ふ。帰りに僕と崎山を乗せて帰れと中隊
長に言はれて来ましたと言ってゐる。中隊長も少し御機嫌を取って来たやうだ。
自動車で三十分位で屯営へ帰る。
家から手紙が二通来てゐる。僕の荷物おくれの手紙がついてから慌て又出し
たらしい。あとのは航空便だ。荷物は随分澤山送ったらしい。写真の引伸機
も送ったとある。此方で写真がとれないので折角送って貰っても楽めないので
残念だ。炊事道具も澤山貰ってもあんなせまい官舎では置く所に不便だら
う。
十一時頃寝る。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
昭和14年12月7日 昭和の記録  (戦塵日記・昭和15年)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる