昭和の記録  (戦塵日記・昭和15年)

アクセスカウンタ

zoom RSS 昭和14年10月27日

<<   作成日時 : 2005/10/27 08:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

二十七日 (金) 曇り、夕方より雪

今朝は五時半、非常呼集で起される。五時頃
赤吊星青吊星の信号灯が上ったのをヱ兵が発
見し大隊長に報告したのでソ聯の戦車来と思
ひ、非常呼集、小銃携行者を集めて、東方、南
方へ警戒を出し○兵線を布いて抵抗陣地を構
成する。自分と岩本見習士官が小銃 小隊の小隊
長、実砲を装填させたので兵達は実際に敵
襲と思ってオタオタしてゐた。寒い所を二時間散兵を
しいてゐて八時頃撤収、あの信号弾は第二大隊の演習
用だったのだ。道理で昨日の昼間の信号弾も第二大隊の演
習だったのだ。ダライ湖畔を通過し、十三時頃札ライ
諸爾に着く。此処は満州里の一つ手前の駅。今朝
非常呼集で急がしくて朝食をしてない。此処で
朝食一緒の飯を喰ふ。大休止二時間、此処に炭
鉱があって見学するとか言ってゐたが見学せず。此
処の守備隊の兵舎で将校は中食、十四時頃
出発、十六時頃満州里着満州里高等小学
校の傍に露営、将校は其れから全員乗用
車で国境見学に行く。約十一粁。監視の将校
に説明を聞く。国境は日ソ両国の鉄条網の中
間地帯でその地帯の巾役百米。草を焼いてあ
って真黒だ。鉄道線路の境界附近には、ア
ーチがあって、反撃門とか凱旋門とか言ってゐる。
境界線に付いてオットポールとか言ふ町があ
る。兵営があり家も可なりある。その門の中で
此方を監視してゐるらしい、前面は今工事中
らしいトーチカが澤山ならんでゐる。大したものだ。此方は
監視哨と、鉄条網と戦車壕が掘ってあるだけ、大した
設備はしてない、直に帰る。
今日は今朝から曇りで温度は低かった、夕方
から雪で夜迄には可なり積る。満州里の町はロスケ
が多いのでハイラルよりは奇レイな町だ。
今夜は二中隊からが勤ム者なし、二十一時半頃寝る。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
昭和14年10月27日 昭和の記録  (戦塵日記・昭和15年)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる